Archive for 2015年1月19日

Takanori

社内講師がお勧め

私はよく「社内講師育成をしませんか?」と言う提案をしています。

私自身が研修講師の仕事をしているので、研修を内製化しましょう、と提案するのは自分の首を絞めていることになります。
仕事上のクライアントの中に商売敵を作りましょう、と言っているのと同じだからです。
だから、一般的な研修会社の研修項目には含まれません。
私のように「育てる文化を広めることが責務である」と考えているようなところでないと提案できない内容なのです。

もちろん、私自身も見つけたクライアントが独立して離れていくのは営業的には厳しいことです。
ですが、クライアントのためを考えるとやはり社内講師を育成していくのが一番よいと考えます。
このような提案をさせていただくと「技術者を講師にするつもりはない」というお返事をいただくことがあります。

ですが、講師にすると考えるのではなく、次のように考えてみたらどうでしょうか。

・講師のように短時間でグループをまとめるスキル。

・講師のように的確に伝わる言葉を使えるスキル。

・講師のように人を育てるスキル。

・講師のようにメンバーのモチベーションを高めるスキル。

・講師のように人を観察するスキル。

・講師のようにこれらのヒューマンスキルが関連づけられて実践的に身につく。

講師スキルというのは、プロジェクトマネージャー、リーダーなどに必要とされる実践的なコミュニケーションスキルの塊です。

上記のようなスキルを、例えばプロジェクトマネージャが持てば、プロジェクトのマネージメント、運用がどれぐらい変わっていくのか、想像することは難しくありません。
このようなスキルを身につけた技術者が社内にいる強みは、長期的な競争力を飛躍的に伸ばしていくことにもつながるでしょう。

ですから技術者が講師スキルを学ぶことはとても「お得」なことなのではないかと思っています。

研修講師としても、社内で本当に必要とされている技術などを伝えることができます。

私のような社外講師では、どうしても社内で本当に必要とされている技術にマッチさせることができない部分が残ります。
そういうときには「一般的な解」で研修をせざるをえません。

社内研修講師であれば、とことん、社内で必要となる内容を突き詰めることができます。
長期的なコストも安くなります。

社内講師となる方がスキルを身につける際には、講師育成研修のコストがかかりますが、それ以降のコストは、社外講師を依頼するよりは安くなることでしょう。
こう考えていくと、社内講師の問題点は2つだけです。

・講師育成にかかわる時間と費用を捻出できるか。

・社内講師育成研修のためのスケジューリングを行えるか。

この2点をクリアできれば、より低いコストで、より社内の需要にマッチした研修を行え、おまけとして、優秀なリーダーが成長するというメリットがついてくるのです。
特に、教育の必要性を感じているがコスト面でなかなか難しいと考えている中小企業においては、より有効な手段となります。
一社だけではコストなどの面から難しいことも多いでしょうから、複数社が合同で社内講師育成研修を開いてもよいでしょう。
せっかく入社してくれた新入社員をできるだけ早く戦力にし、また辞めさせないためにも、強く「社内講師の育成」をお勧めします。
早速、今年の新入社員研修からいかがでしょうか。
平日の社内講師育成研修への参加が難しければ週末を利用する研修も設定できます。

「せっかくの休みなのに・・・・」という心配も不要です。
楽しい研修はリフレッシュにもなります。
私のところでは講師育成費用は講師の人件費として考えており、25名程度までは一定なので、人数が集まれば集まるほどお得になります。

社内講師研修を受けられる方が2名おられた場合、1日の研修費用が20万円だとして5社10名が集まれば一人あたり2万円の負担となります。
一人あたり1日10万の負担は無理でも、1日2万の負担ならなんとかなるのではないでしょうか。
もし、20名も集まっていただければ、一日1万円で受講可能です。

協力会社、グループ会社が集まればグループ内でのつながりも強く、コミュニケーションも良くなることでしょう。
会社も、新入社員も、そして私も、みんなが幸せになれる社内講師育成研修を、ぜひご検討ください。

Takanori

新人研修物語

私のブログの中で読んでいただけている項目の中に、以前に書いた「新人研修物語」という文章がある。

これは私の実施した新入社員研修をドキュメンタリー風にまとめたものであるが、私が目指したいと思っている研修を形にして表現したものでもある。

ただ、章ごとに単なるブログの記事として投稿しており、読みづらかったと思うので、全体にアクセスしやすいようにまとめてみた。

新人研修物語(前書き)

新人研修物語(1章スタートダッシュ)

新人研修物語(2章グループワーク)

新人教育物語(3章学びの形)

新人研修物語(4章意識を変える)

新人研修物語(5章技術研修だけど)

新人研修物語(6章チームの中の自分)

新人研修物語(8章育てる講師の姿勢)

新人研修物語(9章強くなれ!)

新人研修物語(後書き)

まとまっているPDF版は「新人研修物語」からご覧いただけます。
改変しなければ再配布も自由にしていただいてかまいません。

今年もこのような新入社員研修を実施してきたいと思うが、もしJavaや組込技術者の方で講師に挑戦したみたいと思われる方がおられたら連絡をいただきたい。
私が講師育成研修の講師をする可能性のある研修会社を紹介させていただきます。

Takanori

学び方

以前に、ブログを見てウガンダからご連絡をいただいた方と、年末年始に帰省された際にお目にかかることができた。

つい時を忘れ話してしまい、次の予定がぎりぎりになってしまったのだが、とても楽しい時間を過ごさせていただくことができた。

いろいろなお話をさせてもらったのだが、一つ、とても印象的だったことがある。

それは、その方が、熱心にとてもたくさんメモを取られていたことだ。
私と話をしていた2時間半ほどの間に、小さめのノートに4ページも5ページもメモを取られていた。

コミュニケーション研修などで「メモを取っていると相手の話を聞けなくなります」ということは多いのだが、その方のメモの取り方は、そういう一般的なレベルを超えていた。

何でも活かしてやろうという執念さえ感じられる、聞くことをおろそかにしないメモの取り方だったのだ。

それを見て、私はこれまでこんなに一生懸命に何かを学ぼうとしていただろうか、と考えてしまった。
本を読み、それを元に実践をし、振り返りそこから気づきを得て次を考える、ということは日常的にしている。
本を読むときにも、これは、と思うものについては、読み急がないよう、構造化できるようにマインドマップなどにプロットしながら読むようにもしている。

しかし人からなにかを学ぼうというときに、これほど熱意を持って学ぼうというオーラを出せていたか、というと、できていなかっただろう。
もちろん、私の学び方がいけないわけではないと思う。
でも、もっと人から熱心に学べるようになりたいな、とその方の姿を見て強く思った。

メモを取ることが最上の手段ではないかもしれない。
もっと質問を多くして相手から引っ張り出すようなことも有効だろうとも思う。

だが、テクニック以前にそういう「熱」や「貪欲さ」を持ち、そしてそれを相手に伝えることをしたい。
私の話にそんなに学びがあるとも思えないが、その方は全身全霊で「聴く姿勢」「学ぶ気持ち」を感じさせてくれた。
印象的だったことは他にもあった。

ウガンダでの教育の事業化に対するアプローチの仕方、自分自身の振り返り方、自分の考えと経験を的確に伝える能力など、ああ、すごい人だな、と思うシーンはいっぱいあった。

でも、私にとって一番印象的だったのは、4ページにも5ページにもなるメモを取りながら一生懸命に学ぼう、という姿勢だった。
その方は年末年始の帰省を利用して50を超えるアポイントをこなしているそうである。
多くの場で、私とのミーティングで見せてくれたような学びの姿勢を見せていたのだろう。
それはきっと多くの実りをもたらすに違いない。
その方との出会いは、私がもしその方と同じような学びの姿勢をもっと前から持てていれば、きっと今が変わっていただろうと思える体験だった。

気が付いたら変われる。
変わりたいと思えば行動に移せる。
変わるのに遅いということはない。

貴重な出会いの機会を下さったその方に、心より感謝したい。
ありがとうございました。